【ビューティコラム8月】エアコンと上手に付き合いましょう


「エアコンと上手に付き合いましょう」

うだるような暑さの日でも、エアコンの効いた室内に入ると、ほっと一息つけますね。
今や私たちの生活に欠かすことのできないエアコンですが、 実はお肌には思った以上に負担がかかっています。 今月は、暑い夏に上手にエアコンと付き合うコツと、 お肌のお手入れについてご紹介します。 

夏場のエアコン

年々暑くなる日本の夏。節電のため、健康のためと、なるべくエアコンを使わないように努力されている方も多いかと思います。しかし、あまり我慢をして熱中症になったのでは本末転倒。日中の最高気温が35度を超える猛暑日や、夜の気温が25度を超える熱帯夜が続くような時期は、エアコンをつけて室内の温度を下げることで、体へかかる負担を減らすことができます。特に、体温を調整するための発汗機能が低い高齢の方や、乳幼児の方がいるご家庭では、積極的にエアコンを活用して室温管理するように心がけましょう。

冷房の設定温度は、一般的には28度が推奨されています。扇風機やサーキュレイターを併用したり、部屋に出入りする時は扉の開閉できるだけ短時間にする、エアコンのフィルターはこまめに掃除をするなどの工夫で、冷房効率を高めることができます。室内に湿温度計を置いて、こまめに室温をチェックすると良いでしょう。



オフィスでのエアコン対策

家庭とは違い、オフィスでは自由に温度設定ができないのが悩ましいところ。特に、暑がりな男性がいる職場の場合、オフィスワークに従事する女性は、真夏でも冷えに悩む方が少なくありません。外との温度差が大きいと、体の体温調整がうまくいかなくなり、だるい、食欲がわかないなどの夏バテの原因ともなります。
また、体の冷えから生理不順などが引き起こされる場合もあります。冷えは女性の大敵。設定温度を上げるのが難しい場合は、ストールやカーディガンをはおる、ひざかけをかける、靴下で足元を温める、常温もしくは温かい飲み物を飲むなど、体を冷やし過ぎないように工夫して過ごしましょう。



エアコンはお肌にもダメージを与える

エアコンはお肌にも深刻なダメージを与えます。エアコンを使用すると、室内の湿度が下がり、空気が乾燥します。また、エアコンの吹き出し口から出る風に当たることでも、お肌の水分は奪われてしまいます。夏場はたくさん汗をかいて、皮脂の分泌も増える季節なので、一見お肌は潤っているように見えますが、エアコンや外との温度差によって、実は深刻な乾燥状態に陥っている場合も少なくありません。
また、お肌が乾燥すると、角質が厚く硬くなり、毛穴がふさがれてニキビができる原因ともなります。



エアコンによるダメージを回復させるお手入れ

夏場は、紫外線ダメージのケアには力を入れるけれど、保湿ケアはおざなりになっている方も少なくありません。洗顔は、ごしごしこすらず、石鹸を優しく泡立てて洗うこと、洗顔後はしっかり潤いを与えることなど、夏場もしっかり基本の保湿ケアを行うことで、エアコンによるダメージを回復させてあげましょう。
日中は、こまめに水分をとって体の中から水分を補給し、必要に応じて加湿器やミストなどでお肌に水分を補うことも有効です。また、エアコンの影響で体の代謝や血行が悪くなりがちなので、夜は湯船でしっかり体を温めてから就寝するようにしましょう。

→■ブライトニングソープ

→■モイスチャーリッチ