生化学とは ‐ 酵素が持つ、無限の力 -

生化学。

聞きなれない言葉かもしれませんが、

メコゾームがお届けする基礎化粧品は、生化学の観点から研究・開発され、誕生しました。

生化学とは、生物化学ともいい、生命現象を化学的に研究する、生物学または化学の分野のひとつ。

生物を構成している物質や、それが合成や分解を起こす仕組み、

そしてそれぞれが生体システムの中で持つ役割の究明を目的とする分野です。


ちょっと難しく感じるかもしれませんが、

「生物を構成している物質」というのは、


◆たんぱく質(アミノ酸)
◆炭水化物(糖質・食物繊維)
◆脂質(脂肪酸)
◆ビタミン
◆ミネラル


などなど、食品やサプリメントの成分として、よく知られている物質たち。

生化学はわたしたちにとって、もっとも身近な学問とも言えます。



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

   生物のカラダは無数の細胞から、細胞は無数の分子からできている

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


わたしたちのカラダを構成するものは何なのか? わたしたちのカラダは、何が集まってできているのか?

多くの方が、この問いに「細胞」と答えることでしょう。

アメーバやゾウリムシのようにひとつの細胞からできている『単細胞生物』も、

ヒトや動物のように複数の細胞からできている『多細胞生物』も、

生物のカラダは、「細胞」からできているという点で共通しています。

では、この「細胞」は何からできているの?と考えたとき、

その答えは、「分子」となります。

分子というのは、物質としての性質を持つ最小単位のこと。

細胞の生きている部分(原形質)は、


水分85%、たんぱく質10%、脂質2%、そのほかDNAなど3%で構成されています。

これらの成分は、小さな小さな分子のあつまりで、

生化学というのは、まさにこの分子レベルで、

生命のあらゆる活動や現象を解明しようとする学問なんです。



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

   生化学の分野で注目される「酵素」が持つ、無限の力

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━



「酵素」とは、タンパク質をもとにして構成されている成分。

自然界のいたるところで活躍していて、

生物のカラダの中の、ほとんどの化学変化には、

酵素が触媒として働いています。生体内の物質の変化に深くかかわる酵素は、

言わずもがな生化学研究における一大分野なのです。

メコゾームの基礎化粧品に配合されている、

海洋複合酵素“マリンプロテインエキストラクト”は、

海に住む生物の中から発見されました。海は生命の母。

生命が海から陸へとあがって、気が遠くなるような歳月が経った現在も、

生命の根源として、やはり生化学の分野で注目されています。

そんな海由来の酵素を用いて、分子レベルでお肌に働きかける。

それが、メコゾームの基礎化粧品の秘密。お肌を構成する細胞、そして細胞を構成する分子たち。

ナノレベルでの働きかけをすることで、

お肌はびっくりするほど変化するのです──。