【ビューティコラム11月】「冷え」に負けないポカポカ美人を目指しましょう


『冷え』に負けないポカポカ美人を目指しましょう

いつもどんよりと顔色が冴えない、スキンケアをしているのに肌荒れが続く、
顔や体がなんとなくむくみがち…
もしかしたらそれは、体の「冷え」が原因かもしれません。
女性にとって冷えは大敵。しっかり対策をして、ポカポカ美人を目指しましょう!

女性に多い「冷え」

食生活や生活習慣の変化などに伴い、体の冷えを訴える人が増えていると言われています。特に成人女性の2人に1人は、冷えを自覚しているとか。夏でも靴下をはかないと寝れない、お風呂上がりでもすぐに体が冷える、クーラーの効いたオフィスで具合が悪くなる…などの症状に悩まされている方も少なくないのではないでしょうか。昔から「冷えは万病のもと」と言われるように、体が冷えると血の巡りが悪くなり、免疫力や新陳代謝が低下して様々な病気や不調の原因となることが知られています。「たかが冷えくらい」と放置せず、しっかり対策をすることが大切です。



その肌荒れは「冷え」が原因かも?

冷えはお肌の状態にも深く関わっています。からだが冷えると、全身の血の巡りがやリンパの流れが悪くなり、血管に老廃物が溜まりやすくなります。すると、お肌のくすみやむくみ、肌荒れ乾燥をや起こしやすくなります。いくら化粧品でスキンケアをしても、なかなか肌の状態が改善しないという自覚がある場合は、冷えが原因となっている可能性大。いつものスキンケアを続けながら、体の冷えを改善するように心がけることで、お肌の状態が回復していくことも多いようです。冷えが気になるこれからの季節には、是非意識してみてください。



いつものスキンケア+αで、体の中からポカポカ美人に!

1)蒸しタオルでお肌を温める
やや厚めの生地のタオルを濡らして丸め、1分ほど電子レンジで温めると、手軽に蒸しタオルが作れます。スキンケアの前に、この蒸しタオルでお肌を温めることで、血行が良くなり、くすみやむくみが改善されます。蒸しタオルを乗せ終わったら、たっぷりの化粧水をパッティングすると、毛穴が引き締まり、お肌のキメが整います。

2)リンパマッサージで滞った血流を促す
体の中の老廃物を排泄し、血行を促進するために、スキンケアの際にリンパマッサージを取り入れてもましょう。耳の後ろのくぼみ、首の両側、鎖骨のくぼみなどに、リンパのツボ「リンパ節」があります。あご先からこめかみと耳の後ろ、首筋、鎖骨の順に、手の指の腹を使ってやや強めになでおろすと、滞ったリンパの流れが改善され、すっきりイキイキした顔色になっていきます。

3)朝一&お休み前のストレッチで血行を促す
血行をよくするためには、ストレッチも有効です。朝起きてすぐや、夜お休み前など、お布団に横になった状態で手首や足首を曲げ伸ばしするだけでも、全身の血の巡りが良くなり、体がポカポカしてきます。体の血行を良くすることで、顔の血行も良くなり、お肌のくすみやむくみの改善にもつながります。



マルチに使える万能オールインワンクリーム

リンパマッサージには、保湿とリフトアップ両方に優れた効果を発揮する万能オールインワンクリームがあると便利です。蒸しタオルでお肌を温め、しっかり毛穴を開いたあとに、化粧水をしっかりパッティングをして、クリームをお肌に乗せます。お肌にしっかり馴染ませながら、同時にマッサージを行うことで、潤いに満たされたハリのあるお肌が実現します。
→■モイスチャーリッチ