シミってどうしてできるの?

シミってどうしてできるの?

紫外線

ほとんどのシミは、紫外線の影響で発症します。
皮膚に紫外線があたったり炎症が起こると、肌を守ろうとしてメラニンが作られます。
過剰にメラニンが作られ、色素沈着したものがシミとなってしまうのです。
シミとの闘いは紫外線との闘いといっても過言ではないほどです。

  • 紫外線が当たると、細胞がダメージを受けるとともにメラニンを作る細胞(メラノサイト)を刺激して「メラニンを作りなさい」という情報が伝達されます。
  • メラニンが作られるメラノサイトは表皮の中でも一番下層部分にある基底層に存在します。
  • メラニンが作られる過程では、酵素が働き、酸化、ポリマー化と物質が変化していき、最終的にメラニンが作られ表皮細胞のあちこちに運ばれます。
  • 適度なメラニンの量は皮膚内の重要な防御機構です。
    色素沈着するのは、傷んだ皮膚をメラニンによって防御しようとする反応なのかもしれません。

紫外線の他にも、ストレスや内蔵疾患、タバコなどによってもシミができる要因と考えられています。

シミってどうしてなかなか消えないの?

肌の健康は正常なターンオーバーがあってこそ

ターンオーバーとは肌の新陳代謝のこと。美容の世界、スキンケアの世界においてターンオーバーという言葉は非常に重要なキーワードです。
皮膚のターンオーバーは表皮層で行われている生理的なしくみです。表皮層は角質層、顆粒層、有棘層、基底層の4層から構成されています。
基底層から生まれた新しい細胞が皮膚表面より剥がれ落ちてゆく周期が約28日間といわれています。

図【ターンオーバー28日のサイクル】

シミが消えにくいのは、ターンオーバーが正常に働いてないから

肌の状態が健康であればターンオーバーの周期が遅れることなく繰り返されます。
しかしながら加齢、紫外線や酸化といったあらゆる影響により新陳代謝の機能はだんだんと弱くなっていき、ターンオーバーの周期も遅れていきます。
ターンオーバーの周期が遅れると、今まで垢に含まれて一緒に剥がれ落ちていたメラニンが、体外に放出されずに蓄積され、真皮に色素沈着して、シミとなります。ターンオーバーのリズムが崩れたままでは、シミの元は溜まる一方。なかなか消えてはくれないのです。

メコゾームの成分”海洋複合酵素”は傷んだ肌細胞を排出し、皮下の血流を増加させてターンオーバーを促進します。

「酵素」は私たちの身近なところから自然界のいたるところで活躍し、幅広い働きをします。
味噌や醤油なども、酵素の働きを生かしたものです。さらに「海は生命の母」と言われ、生化学の分野でも注目されています。
その海に住む生物の中から、「海洋複合酵素“マリンプロテインエキストラクト”」は発見されました。
この“マリンプロテインエキストラクト”の最大の特徴は2つ。

  1. 古くなったり傷ついた細胞を見分けて洗浄(スカベンジ機能)します
  2. 皮下の抹消血管の血流を増加させ新陳代謝を高め、お肌本来の健康な状態を引出します。

メコゾームの商品に配合されている“マリンプロテインエキストラクト”が、ダメージを受けた細胞のお掃除をし健康なお肌の再生を促すため、できてしまったシミにも優れた効果を発揮するのです。
ぜひ、この効果を実感してみてください。