ビューティコラム 【7月号】「母なる海」からの贈り物

『「母なる海」からの贈り物 
〜マリンプロテインエキストラクト〜』

私たちが海を見た時に感じる、不思議な安らぎや、懐かしさ。
それは、私たち人間だけでなく、地球上のあらゆる生命が、 海を「ふるさと」として、からだの奥深くに記憶しているからかもしれません。
赤ちゃんを包む羊水や、人の血液は、海の水と成分がよく似ていると言われています。
太古の昔から、命を育みつないできた、いわば「母なる海」から、 海洋複合酵素「マリンプロテインエキストラクト」は生まれました。

あらゆる生命活動に必要な「酵素」の力
コラーゲンやヒアルロン酸、セラミド、プラセンタなど、美容やお肌によいとされる成分は多くありますが、近年になって脚光をあびるようになったのが「酵素」です。
そもそも「酵素」とは本来、私たち人間を含むあらゆる生命の営みにとって、不可欠なもの。食べ物の消化や、細胞の新陳代謝、血液の循環などにも「酵素」が欠かせません。
精子と卵子が受精する時、植物が芽を出す時など、生命の誕生の過程でも「酵素」は重要な働きを担っています。
まさに「酵素」は、生命にとって欠かせないパートナーといえるのです。


皮膚医療・がん研究の過程で見つけ出された海洋複合酵素
近年、美容や健康、予防医学、バイオテクノロジーなど、様々な分野で「酵素」の研究が広範囲に行われています。そんな中、スウェーデンで進められてきた皮膚がん研究の過程で、ある大変興味深い物質が発見されました。
これは、海洋生物から抽出された「酵素」で、一番の特長は、お肌の痛んだ部分だけに反応して、これを除去するというものでした。
スウェーデンの皮膚科医で、皮膚がん研究に携わっていた、エリック・リンドブロム博士は、その後10年の歳月をかけて、この酵素の安定した抽出・実用化に成功しました。
こうして、海洋複合酵素「マリンプロテインエキストラクト」が誕生したのです。


お肌の悪い部分だけを選んで酵素分解する「スカベンジャー」
海洋複合酵素「マリンプロテインエキストラクト」は、お肌に対して「スカベンジャー」としての優れた効果を発揮します。
「スカベンジャー」とはもともと、「廃品回収者」という意味。文字通り、体の不要物質や毒性物質を処理する物質のことを指します。
「マリンプロテインエキストラクト」は、「スカベンジャー」として、しみやくすみの大きな原因となる、お肌の悪い部分だけをターゲットとして作用します。
古くなったり、紫外線などで傷ついた肌細胞だけを選んで酵素分解し除去するため、健康な肌細胞には影響をあたえないのも大きな特長です。
「母なる海」からの贈り物、「マリンプロテインエキストラクト」。
その力を最大限生かすために製品設計されたのが、エイジングケア基礎化粧品「メコゾームシリーズ」です。
製品一覧はこちら