【ビューティコラム11月】エイジングケア世代の「オールインワン化粧品」選び


エイジングケア世代の
「オールインワン化粧品」選び

近年人気が高まっているオールインワン化粧品。
手軽にスキンケアしたいという、多忙な現代女性のニーズに応え、 多くの商品が世に出回っています。 今回は、さまざまな肌トラブルを抱えがちなエイジングケア世代が、 オールインワン化粧品を選ぶときのポイントについてご紹介します。

時短ケアの救世主「オールインワン化粧品」

毎日育児や家事に追われて、鏡を見るのもままならない。残業続きで、スキンケアを頑張る余裕がない。出勤前は、あわただしくて、できれば一分でも長く寝ていたい…。多くの女性の本音ですね。

そんな多忙な現代女性にとって、スキンケアの時間を短縮してくれるオールインワン化粧品は、まさに救世主ともいえるべき魅力的なアイテム。何個も化粧品をつけるのは大変、短時間で手軽にスキンケアしたい、という女性たちのニーズに応え、たくさんの商品が世に登場しています。

しかし、これだけ多くの中から、自分に合っているものを見極めるのは、至難のワザ。特に、シミやしわ、ハリやつやの無さなどの年齢肌の悩みを抱えたエイジングケア世代では、どのようなポイントに気をつけて選べばよいのか分からないという方や、実際に使った経験があっても、何となく物足りなく感じて辞めてしまった…という方も多いのではないでしょうか。

そこで今回は、オールインワン化粧品を選ぶ際に押さえておきたいポイントをご紹介していきます。



オールインワン化粧品を選ぶ際のポイント

1) 自分のお肌の悩みに合っているかどうか
まずは、今現在のお肌の悩みが何なのか、改めて把握しておきましょう。
お肌の悩み別に、効果が得られる成分も違うので、自分が求めている効果が得られる製品がどうかを確認してみましょう。

2) 有効成分が豊富に配合されているかどうか
数多くのオールインワン化粧品が出回っていますが、どんな成分がどれだけ配合されているのかどうか、製品によってかなりの差があるのが事実。 たとえば、「美白」を謳った製品の中でも、基本の保湿成分以外に少量のビタミン類だけが配合されているものから、独自の美白成分を高配合してあるものまで様々です。
保湿以外の付加効果を求める場合、抽象的な言葉に惑わされず、どのような点にこだわって設計されているのかをしっかり見極めることが、年齢肌の悩みを抱えるエイジングケア世代にとっては大切です。

3) 使用感が心地よく感じられるかどうか
一般的にオールインワン化粧品は、ゲル状〜緩めのクリーム状の、軽めのテクスチャーに仕上げられています。まれに、重ね塗りをすると固まってぽろぽろと剥がれてしまうものもありますので、塗った直後の使用感だけでなく、しばらく経ってからの肌触りや、メイクを重ねた時のフィット感などを、それぞれ比較して確かめてみましょう。

また、スキンケアをたった一つのアイテムで仕上げるオールインワン化粧品だからこそ、機能性一辺倒だけではなく、本当に心地よいと感じることができるものを選ぶことが大切です。
テクスチャーや使用感はもちろん、見た目のボトルデザインや、香りなど、五感で癒される化粧品を選び、心も満たしてあげることが、美しいお肌を作ることにも繋がります。



エイジングケア世代に選ばれる至極のオールインワン化粧品
エイジングケア世代が抱える年齢肌の悩みは、乾燥だけではなく、シミやしわ、くすみ、たるみ、ハリなど、多岐にわたります。

シミ・しわの専門のドクターとの共同研究を経て開発された独自の「海の酵素」をギュッと凝縮し、チガヤ根エキス・オクラ果実エキス・ウワウルシ葉エキス・ミトラカーパススケーバー・エブリコエキスなど、エイジングケアの観点から選び抜いた贅沢な植物エキスを、高濃度に配合。さらに、使うたびにスキンケアの喜びを感じていただけるよう、心地よいテクスチャーや香り、使用後のお肌の艶やかさなどにもこだわって設計しました。

大人の女性が満足できる「濃厚なのにべたつかない」パールのように贅沢なオールインワンクリームです。
⇒■モイスチャーリッチ