【ビューティコラム9月】夏の終わりの肌トラブルに要注意!


『夏の終わりの肌トラブルに要注意!』

お肌が固くて、カサカサ、ごわごわする。透明感がなく、くすんでいる。 季節の変わり目に、こんなお肌の不調を感じたら、前のシーズンの疲れが出たサインかもしれません。
特に夏の終わりは、暑さや紫外線などによるダメージがお肌に蓄積し、様々なトラブルを抱えがち。 これからの乾燥シーズンを迎える前に、夏の終わりの肌トラブルをしっかりケアしましょう。

蓄積された紫外線ダメージが、夏の終わりの肌トラブルを引き起こす

今年は例年以上の猛暑となり、容赦なく紫外線が降り注ぎました。紫外線は、日傘や帽子、日焼け止めなどで一生懸命ガードをしても、完全に防ぎきるのは難しいもの。毎日の通勤や、洗濯物を干すわずかな時間など、日々浴びた量だけダメージとして蓄積されていき、夏の終わりにはさまざまな肌トラブルや不調を引き起こします。

■紫外線によるターンオーバーの乱れ
いつもと同じケアを続けているのに、夏の終わりには、なんとなくお肌がゴワゴワと固くなったように感じることはありませんか?これは、春から夏の間に浴びた紫外線によるダメージの蓄積によって、お肌のターンオーバーのリズムが乱れてしまったことが原因。

通常、お肌のターンオーバーは、約28日周期で行われています。肌細胞が一定のサイクルで生まれ変わることで、お肌が健やかに保たれています。しかし、紫外線でお肌がダメージを受けると、このサイクルが乱れ、肌細胞の新陳代謝が滞ってしまいます。すると、古い角質がきちんと排出されず溜まっていき、角質が厚くなって、ゴワゴワとした固いお肌となってしまうのです。

■紫外線によるメラニン生成の活性化
もうひとつのダメージは、春から夏の強烈な紫外線によるメラニン生成の活性化です。メラニンは、紫外線を浴びたときに、お肌のメラノサイト(色素細胞)によって作られる色素。紫外線を吸収、散乱させ、紫外線からお肌を守るという大切な役目を果たしています。メラニンというと、つい悪者のように捉えてしまいがちですが、本来私たちにとって無くてはならないものなのです。

通常、メラノサイトで生成されたメラニンは、古くなった肌細胞と一緒にターンオーバーで排出され、垢としてはがれ落ちていきます。しかし、紫外線を浴び過ぎたり、紫外線の影響で肌のターンオーバーが滞っていると、メラニンの生成が活性化しすぎてスムーズに排出されなくなり、色素がそのまま沈着して、しみやそばかすなどの原因となってしまうのです。



夏の終わりの肌トラブル、残さない!
夏の終わりのこの時期には、体と同じように、お肌にも十分な栄養や休養が必要。暑さや紫外線でダメージを受けたお肌の回復を図るために、牡蠣やチーズ、レバーなど、ターンオーバーを促す亜鉛を含む食品を意識的に摂りましょう。また、抗酸化作用があり、しみやしわの予防に役立つビタミンC、ビタミンE、カロチノイドなどを含む果物や緑黄色野菜も、積極的に摂ることが大切です。

まだ残暑も厳しいですが、冷たいものの摂りすぎも、お肌には良くありません。体が冷えると、血流や代謝が悪くなり、必要な栄養が十分に行き渡らず、お肌の老化を早めてしまうと言われています。飲み物は、出来れば常温で。食事には、しょうがや香辛料など、体を温める働きのある食材を加える工夫をしましょう。

また、睡眠中には成長ホルモンが分泌され、お肌の生まれ変わりが行われますので、出来るだけ毎日決まった時間にベッドに入り、質の良い睡眠をとるように心がけましょう。
また、お肌のお手入れにも少しの工夫をプラスして、夏のトラブルを癒してあげましょう。

■通常の洗顔+泡パックで、古い角質もスッキリ!
夏の紫外線によるダメージで、この時期のお肌は厚く、固くなっています。いつもよりも念入りなクレンジング、洗顔を心がけることで、ターンオーバーが徐々に整います。
たっぷりの泡で、優しく洗顔した後は、そのまま2〜3分、泡パックしてみましょう。肌にダメージを与えず、溜まった古い角質や汚れだけを浮き上がらせて、柔らかくキメが整ったお肌に洗い上げます。泡立てには、専用のセネットを使うと、パックに適したもっちりした泡を簡単に作ることができます。
お顔同様、日焼けでダメージを受けているデコルテも一緒にパックしてみましょう。顔周りが一段と明るくなります。
ブライトニングソープ石鹸用泡立てネット

■美白クリーム+部分シートで、気になるゾーンを集中ケア!
就寝前のスキンケアの最後にも一工夫してみましょう。通常のステップで美白クリームを塗り終えたあと、目じりなどの気になるゾーンや、特にシミが気になるスポットに、クリームを重ね塗りします。クリームを塗る際は、決して肌をこすらず、指の腹で軽くたたくようになじませてください。その後、重ね塗りした部分をシートで覆い、そのまま就寝します。シートでふたをすることで、お休み中にクリームに含まれる有効成分が、肌の奥までじっくり浸透し、美白効果を高めます。
ブライトニングフォーミュラメコゾームシート