ビューティコラム

油断大敵!秋の日焼け。9月の肌ケアのコツは?

9月。もうしばらく残暑が続くとはいえ、肌にとって最も過酷とも言える夏がようやく終わりを迎え、季節は秋へと向かっていきます。「紫外線も減るし、暑さによる汗や皮脂の過剰分泌からもやっと解放される!」と、胸を撫で下ろしている方も少なくないのではないでしょうか。
しかし、過ごしやすく肌への負担も比較的少ないと言われる秋にも、この季節だからこそ注意しておきたい秋の日焼けリスクや、抑えておきたいスキンケアのコツがあります。
夏が終わったからといって油断をすると、9月の肌のコンディションを急降下させてしまうことも。秋~冬にかけては美白のチャンスでもありますので、秋の日焼け対策とポイントを抑えたケアを継続しながら、ひと夏を耐えた9月の肌を蘇らせましょう。

 紫外線警報は継続中!秋の日差しは顔を狙っている

夏に比べると、秋は紫外線量が減少します。残暑が落ち着く頃には日差しも穏やかになり、さわやかな秋晴れが心地良いと感じるようにもなるでしょう。
でも、注意したいのは秋の日差しの“当たり方”。真上から日差しが降り注いでいた夏とは異なり、太陽の位置が傾く秋は、“斜め上”から日差しが当たります。これが何を意味するかというと、「日傘や帽子でカバーしにくい」ということなのです。秋の日焼けは、顔への影響がとても大きいのです。
秋の日焼け対策のコツは、顔用の日焼け止めクリームを継続して使う、UVカットの化粧下地やBBクリームを使うなど、「顔に直接」日差し対策を施すこと。「紫外線も弱くなってきたことだし、日傘だけで十分!」と思うのは危険です。秋の日焼けを防ぎたいなら、「日傘や帽子を手離す日があっても、日焼け止めクリームはしっかり塗る」くらいの意識で過ごしましょう。9月の肌は敏感になっていますので、肌への負担を考慮すると、SPF値やPA値は夏よりやや低めのものを選ぶと良いですね。


 9月の肌は、乾燥肌・敏感肌リスクがさらに高まる

過ごしやすくなるにつれて、クーラーや室内外の寒暖差といった「夏乾燥」のリスクは減るものの、秋は乾燥シーズンの始まりであり、空気そのものが乾燥していきます。秋の爽やかな風は、冬の風のように一気に肌の乾燥を進めるものではありませんが、じわじわと乾燥に拍車をかけるでしょう。
また、蓄積した紫外線ダメージも、9月の肌の乾燥と深い関わりがあります。毎日のようにクーラーに当たってきた肌は角質が乾燥してボロボロになっており、角質がもろくなることで更に乾燥してしまいます。夏の間にベタつきを嫌って保湿を怠った結果として、9月の肌は内部が深刻な乾燥状態に陥っているケースも少なくありません。

乾燥した肌はとても敏感です。秋になるとかゆみ等の肌トラブルを起こしやすいのも、乾燥由来の敏感肌が関係しています。また、秋の花粉が原因で肌荒れを起こす方もいるので要注意です。
9月の肌は、夏場のダメージをためこんで、とてもデリケートになっています。しっかり保湿をしてケアをしてあげないと、あっという間に簡単には挽回できない乾燥肌・敏感肌へと進行していきますし、秋の日焼けに対する防御力も弱くなります。
保湿は夏場も継続的に行っておくことが理想ですが、夏に保湿を十分に行っていなかった方も、今すぐ本格的な保湿をスタートさせてください。肌が特に敏感になっている時は、スキンケアを急に変えるのはかえって危険なので、まずは保湿をメインとした基本的なケアで、肌自身のバリア機能や再生力を高めることを重視してください。


 秋に徹底したいシミケア。そのコツは?

秋の日焼け対策や保湿と並行して行いたいのは、やっぱり夏の間に受けた紫外線によってできてしまったシミのケア。真夏の間はシミが見当たらず「今年の紫外線対策は順調!」と思っていても、9月の肌に突然シミが現れてしまうことも少なくありません。
これは、日焼けをしてからシミになるまでの間に、タイムラグが存在するから。紫外線は肌の奥の方にまで入り込み、細胞を傷つけます。その傷ついた細胞が、ターンオーバーによって肌表面まで押し上げられてくるのが、ちょうど初秋頃に当たるのです。加えて、秋の日焼け対策を怠っていると、真皮層では更なるシミ予備群が生まれている可能性もあります。

9月の肌のシミ対策は、来期の肌に向けての最重要課題。多方面からアプローチして、徹底的なケアを行いましょう。

(1)秋の日焼け対策と保湿を万全に
まずは、新たなシミ予備群を作らないための対策をしっかりと。また、肌が潤うとバリア機能が向上し、紫外線から自身を守る力も高まります。

(2)肌内部からのケアも重要
体の内側からもアプローチしましょう。ビタミンCやビタミンE、β-カロテンやリコピンなど、美白効果や抗酸化力が高い栄養素、肌のターンオーバーを促進する栄養素を積極的に摂るようにしてください。

(3)スキンケアは“ターンオーバー促進”と“集中ケア”を
シミになってしまった部分の角質はもちろん、肌内部にあるシミ予備群を角質層まで押し上げて、確実に落としていくことが大切です。そのためには、ターンオーバーの促進は必須。夏の冷房や秋の急な冷え込みで代謝が落ちやすい季節でもあるので、運動や半身浴をするのも有効かと思います。
できてしまった頑固なシミには、集中ケアをしましょう。メコゾームの「ブライトニングフォーミュラ プレミアム」は、海の酵素の力でターンオーバーにも働きかけながら、美白成分が浸透して、輝く素肌へと導きます。9月はキャンペーンでお得にお求めいただけますので、ぜひお試しくださいね。


9月キャンペーン【海の酵素と3つの革新的美白成分がマリアージュ】

通常価格7,776円のところ5,832円にてお試しいただけます!
生化学界のあらたな可能性を追求。「輝セキ肌」にさらに近づく新処方。


※※※ キャンペーンは終了しました ※※※

ページトップへ